スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
∞レンジャー
2007年02月25日 (日) | 編集 |

24日初回の∞レンジャーレポです

発言した人、言い回し、順番が違っているかもしれません
間違いに気づかれた方がいらっしゃいましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。



「200X年、エイトシティ。ここは誰もが笑顔で暮らす平和な街。だがしかし、ある組織によって今はもうその面影はない。太陽は光を失い人々は笑顔を忘れ邪悪な街へと変貌してしまった。その組織の名はBAD団。そのトップに立つキリヤマンとナカマン。この2人は人の気持ちを踏みにじり誰の手にも負えない。無邪気に遊んでいる動物達を見るとケタケタと笑い痛めつける。そんな光景を見た子供たちが助けに行くと、その子供たちが持っていたアメちゃんを奪いとり、一口なめ、二口なめ、そして返す

と、いつものアナウンスが流れ、∞レンジャー登場!と思いきや・・・

「そこで1人の男が立ち上がった!!」

アナウンスと共にスクリーンに映し出されたのは
「全宇宙ヒーロー協会会長 永年郎 (えいとしろう)」
タモさんにそっくりの思いがけないヒーローの登場に会場もビックリ。

永 「君たち、いじめは良くないよ」
キ 「今言うたん誰や?お前か?お前か?」
永 「大丈夫か君達」

と、頭がめっちゃデッカい永年郎(着ぐるみ)登場!
動物たちを助けに行くがあっさりヤラれる永年郎。笑

永 「僕の力だけじゃエイトシティーを救えない。こうなったら光の戦士を呼ぶしかない!さぁ。光の戦士達よ!今こそ君たちの力が必要だ!」

スクリーンには今までの∞レンジャーの名(珍?)場面の映像が流れ、メインステが輝きだし、そこには∞レンジャーの姿が!! 会場大絶叫
そして無言のままあっという間にBAD団を倒し、永年郎を囲んでキメポーズ
会場拍手。

「そして∞レンジャーはそれから様々な戦いに勝ち、愛と希望を手に入れた」

するとそのまま照明が消えていき、スクリーンには 「完」 の文字が。

「「「ええええぇぇぇぇーーーーー!!!」」」

と会場中大ブーイング。すると、

「と、いうのはもちろん冗談で。わざわざ今日足を運んでくださった方のために、今回は特別に∞レンジャーの誕生秘話をお教えしましょう!」

というアナウンスが。



というわけで、

関ジャニ戦隊∞レンジャー 知られざる過去 目指せスーパーヒーロー の巻

始まり始まり〜♪♪


あのテーマ曲と共にバックステに現れる∞レンジャー。
長いようですが、さっきメインステに出てきてからバックステに出てくるまでものの30秒ぐらいでした。
暗闇の中全力疾走で移動したため若干息切れぎみのままテーマ曲を歌いあげる∞レンジャー。
みんなバイクで中央ステに移動。(ブラックのバイクは故障中 笑)
中央ステに集まった∞レンジャーの頭上や周りをいくつもの布が囲む中(でも中は見えまくり)

∞レンジャー生着替え!!!

着替え終わった∞レンジャーの姿は、なななななんと!! 幼稚園児 !!
めーーっちゃかわいいの。ほんっまにかわいかった!!


※以下、全員幼稚園児姿のため声も高めでした
 幼稚園児中のあだ名↓ (ワッペンに書いてました)
 すばちゃん りょーたん まーたん ただくん しんちゃん きみくん 安田


三輪車で中央ステからメインステに移動するチビ∞レンジャー。
ただ、きみくんの三輪車はやっぱりなく、背の高いまーたん、ただくん、しんちゃんは三輪車に悪戦苦闘。
小っちゃい 小柄なすばちゃん、りょーたん、安田はなんなく乗りこなしてました。笑
メインステに着き、チビ∞はヒーローになりたいという話題で盛り上がる。

「でもなぁ、ヒーローやったらかっこいい名前とかいるやん。みんな何がいいん?」
「名前かぁ〜むずかしいなぁ〜」
「しんちゃんは…笑」
「なに?」
「いや、しんちゃんって変やなぁーと思って。笑 しんちゃんはなんかいいのある?」
(ここだけ普通の声で) メタボリックシンドローム」
「(笑) し、しんちゃん。それはイヤやわぁ」
「そんなんダサイわ」
「まーたんは?なんかいいのある?」
(これまた普通の声&テンションで) 思いつきませんね」
「(笑) まーたん思いつかへんの?」
「ええ全く。 (園児声に戻って) りょーたんは何かないの?」
「あんね〜…地球には大っきな7つの海があるやんか。やから、7つの海戦隊・・・ななつ〜」 (だんだん声小っちゃくなる)
会場、メンバー爆笑
「ごぉめん…」 (←やっっばかわいかった

と、ここで動物さんがBAD団にいじめられている現場を発見するチビ∞。
助けに行こう!とみんな中央ステに向かう中1人イヤがるりょーたん。

「やめようよ。危ないよぉ。僕こわい」

まーたんに励まされ、なんとかその場を動くりょーたん。
まーたんとりょーたんは手を繋いで中央ステに移動。
その間も 「やめようよぉ。僕らもどっちかって言ったらイジめられるタイプやし…僕こわいし…なんもできないよ」 と怖がるりょーたん。

全員が中央ステに着き、みんな動物たちを守りBAD団と立ち向かう姿勢の中、
1人隅っこで体育座りのりょーたん。
そして 「よし!ここは俺に任せとけ」 というきみくんの言葉でチビ∞の攻撃開始。
が、きみくんの必殺技はオナラ。笑
絶妙なタイミングで音がなり、やまぶきいろの照明が当たりなんとも臭そう
「お客さんひいてる〜」 と言いながら、調子に乗って何十発とオナラをするきみくん。しまいにはチビ∞にまでオナラ攻撃をする姿にただくんが立ち上がり

「きみくん何それ!?そんなのヒーローじゃない」
「なんやねん、おまえ」

と、モメだす2人。 2人がにらみ合う中、突然

「貧乏けずりって、こっちからもあっちからも削るけど、俺別にアレは貧乏やなくても持っていいと思うねん。別にお金持ちが持っててもええんちゃうかなって」
「しんちゃん!空気読んで!」
「だからなんやねん、お前!」
「だからあんなんヒーローじゃない!」
「燃えるゴミは月曜やからアレは大変やねん。お父さん出しにいかなあかんし。燃えないゴミっていうのは…」
「やから空気読めって!」

どうやら幼稚園時代はナスが空気読めなくてブルーがツッコみだった模様。笑
そして∞レンジャーの時とテンションが違いすぎる、かなり落ち着いてるまーたんが・・・

「みんな、りょーたんがあんな所で泣いてる」

きみくん以外りょーたんの元へ駆け寄る。

「動物さんがイジめられてるのに…動物さんがかわいそうやったのに…僕怖くて…ほら、手だってまだ震えてるし。僕、僕、怖くて…こんなんじゃヒーローになんかなられへん!」 (まじ泣き)

と、どこかへ駆け出していくりょーたん。みんなが追いかけようとすると

「ええやん、俺らは俺らで勝手にやろうや」
「きみくん!さっきからなんなん!?もうきみくんなんか知らん!」
「なっなんやねん!どうせまた俺だけが悪いんやろ!?もうええもん!今度俺が1人で出来るってとこ見せたるわ!」

とここで、今まで何もしてないすばちゃんが“So BAD!”を歌い出し(おいしいトコどり)、りょーたん以外全員でカッコイイ踊りでクールに歌う。
※幼稚園児姿です。笑


照明が落ちスクリーンに永年郎が映し出される。

永 「あいつらは、大切なモノが何かわかってないようじゃ。しょうがないここは一つ手助けしてやるか」

永年郎が消えるとトロッコから叫び声が。

「助けて!なんやしらんけど捕まってしまったぁ。えーん。えーん」
「りょーたん!大変や!」
「早く助けないと!」
「よし、ここで俺が1人で出来るってとこ見せたるわ!」

そう言ってバックステに向かうきみくん。
トロッコではBAD団が 「あんなヤツ、どうせ弱いからチョロいもんだぜ」 との発言を。すると、

(普段の声で) あっ、ちょアイツ今なんて言った?お前アドリブ入れんなよ!笑 めっちゃ腹立つな。なめんなよ。こっち事務所入って11年目や。口の利き方考えろよ」

思いがけない攻撃に若干ひるむナカマン。笑
トロッコがバックステに到着し、勢いよく殴りかかっていくきみくん。
(ちなみに攻撃名はグレートパンチ 笑)
しかし濱チャンにあっさりやられる。笑
今度はまーたんが攻撃するが、これまた室クンにあっさりやられる。
(数発殴られてました 笑)
キリヤマンが 「なんだよ、たいしたことねーなぁ。俺が行ってやるぜ」 とまーたんに殴りかかろうとした瞬間!!
後ろからりょーたんが決死のタックル
そのままステージに倒れこむりょーたん。(ほんとに頭ぶつけてた)
そんなりょーたんの姿に感動するチビ∞。

「りょーたん!できたやん!今のかっこ良かったよ!ヒーローになれるよ!!」
「ほんと?僕ヒーローになれる?」
「うん!・・・きみくん、分かったやろ?暴力だけで全て解決するわけじゃないねんで」
「うん。俺間違ってた。みんな、ごめんな」
「きみくん…」

とここで、これまた何もしてないすばちゃんが“この星が輝く理由”を歌い出し(やっぱりおいしいトコどり)、全員でトロッコに乗り客席に向かって笑顔で手を振る。
サビの盛り上がりでは手を広げたり、目をつぶったりと本気歌い。
※何度も言いますが、幼稚園児姿です。笑


バックステから巨大バルーンとなった永年郎が登場。

永 「お前ら大切なモノが何か分かったようじゃな」

永年郎の言葉にみんなうなずき感動のフィナーレへ・・・!?







しかし∞レンジャーがこれで終わるわけもなく(笑)、永年郎の 「大切なモノが何か言ってみろ」 という言葉に何やらひらめいた様子のチビ∞たち。

「きみくん、言ってやれよ」
「俺が言っていいの?」
「言ってやれぇい!」

ここでチビ∞の悪巧みを察した永年郎が 「もう気がすんだか?」 と早めの切り上げ。笑
これにはチビ∞も 「まだです!今からです!まだなんもやってませんから!」 と大慌て。笑

「おっと〜この後やりにくいぞぉ〜」
「今日一番の山場だな」
「がんばれ、きみくん!」
「大切なモノ、それは・・・!!おはよーございます

と、小声でドッキリ企画風のチビ∞。笑 (関風魂と同じです)

「今日はなんとですねー、錦戸サンのお部屋にお邪魔しております」

慌ててその場に寝る亮チャン。笑

「いやぁー、ちょっとお目覚めを拝見したいと思います。楽しみですねー」
「そうですねー」
「あっ、なんとコチラに錦戸サンが使ったと思われる歯ブラシがあります!ちょっと匂いを嗅いでみましょう!安田サン!」
「よろしいんですか?」
「いい匂いすんだろーなぁー」
「そうですよ!なんてたって今の時代を代表するトップアイドルですから!」
「それではいかせていただきます。(匂いを嗅ぐヤス) あっ!」
「錦戸サンの歯ブラシはどんな匂いですか?」
「錦戸サンの歯ブラシは・・・納豆の匂いがします!」
「臭いやんけ!」

ダメ出しをくらい再度チャレンジすることに。

「あ!笑 なんとコチラに錦戸サンが使ったと思われる歯ブラシがあります!ちょっと匂いを嗅いでみましょう!」
「それではいかせていただきます。(匂いを嗅ぐヤス) あっ!」
「錦戸サンの歯ブラシはどんな匂いですか?」
「錦戸サンの歯ブラシは・・・納豆のっ」
「変えろや!」

テイク3。笑

「あぁー!なんとコチラに錦戸サンが使ったと思われる歯ブラシがあります!ちょっと匂いを嗅いでみましょう!」
「それではいかせていただきます。(匂いを嗅ぐヤス) あっ!」
「どんな匂いですか?」
「錦戸サンの歯ブラシは・・・なっと
「もぉええわ!お客さんもだいたい読めてきてるやんけ!」

グダグダコントに永年郎から 「もう気がすんだか?」 の一言が。笑

「(笑)はい!気がすみました!」

そのまま進もうとする流れに今までずっと寝たふりの亮チャンは 「ちょっと!俺どうすればええんよ!」 とツッこみ。笑
なんやかんやで大満足のチビ∞たちに永年郎からプレゼントがあるとのこと。
永年郎の指差す方向には、なんと エイティングスーツ が!!
大喜びでメインステに向かい手に取るチビ∞。 しかしここで問題が。

「コレもらったんはええけど、こんな大勢の前で着替えんの恥ずかしなぁ」
「せやなぁ…あっ!あんなトコロに着替える場所がある!」

スーツを持って、後ろにあったBOXの中に入るチビ∞たち。
すると突然、ステージに浜中カメラメンと室アシスタントの姿が!笑
カメラを担いだままBOXの中へ入る浜中カメラマン。
そして、スクリーンに映し出されたのは

∞レンジャー生着替え!!!(本日2回目)

普通にパンツ姿で着替えるエイトに会場大興奮

「ちょ、自分ら何してんの?今着替えてるんやからやめて。撮らんとって」

と、カメラを追い出そうとするヒナの隣には、カメラに思いっっっきりお尻を向けるすばちゃん。笑 (クレヨンしんちゃんのケツだけ星人並
ヒナにツッこまれ体を起こしたすばちゃんの格好は、上のタンクトップと下のハイレグ並の園児ズボンが重なって、まるでスクール水着を着てる女の子のよう。笑
ヨコに 「りょーたんも行っとき」 と言われ、前を隠しながら(笑)カメラに近づいてくる亮チャン。 (亮チャンもスクール水着着てるようでした)
だけど何も思いつかず、「俺こんなんムリやって!」 と退散。笑
その後ヒナに追い出されたものの再度中に入る浜中カメラマンと室アシスタント。
大体着替え終わってたり、まだパンツ姿やったりのエイト。

「俺のヘルメットがないー!青のヘルメット知らへん?ないよー。あっ!あった!!」

と、カメラの下にあるヘルメットをかぶる安田クン。
立ち上がって映った姿は、顔だけ水色のうさぎさんの安田クン。笑

「お前それちゃうやろ!」
「何やっとんねん!かわいないねん」
「ボケんなや」
「お前がボケてええことなかったやんけ」

と、散々の言われようにしょんぼりする安田クン。
その後ろでは同じようにパンダの顔の着ぐるみをかぶり前に出るタイミングを伺ってる丸山クン。笑
そんなマルに気づいていたヒナちゃんは

「ほんでお前も来るならこいや!」
「中途半端やねん!ヤスとかぶっとるやないか」
「ちゃんとせぇ!」

と、これまた散々にツッこまれ、すごすごと戻る丸山クン。
そんな丸山クンの後ろではヘルメットじゃなく園児帽をかぶる(同じ黄色やから)というボケをしていた錦戸クンが前に行こうとしていたんですが、時間切れのためそのまま終了。ヒナもヨコも気づいておらず、誰にもツッこんでもらえてなかった。笑

そんな∞レンジャーがてんやわんやで着替えている中、ステージにはBAD団が登場!
今のうちだ!と考えたBAD団は、∞レンンジャーが着替えているBOXに攻撃。
するとBOXが燃えてしまう。(ほんまに全部燃えてました)
∞レンジャーはどこに!?とみんなが心配する中、どこからかあのテーマ曲が!
すると、スーツに着替えた∞レンジャーがポップアップで登場!!
いよいよ∞レンジャー対BAD団の全面対決にっ!

「お前らなんかに負けへんで!行くぞ、ビューティフルアメリカンドカン

BAD団のビューティフルアメリカンドカンを見事にかわし、必殺技をはなつ∞レンジャー。 その名も 『エイトハートフルマインド』
ゆる〜い攻撃のわりには破壊力抜群で、BAD団を見事一撃。
戦いを終え笑顔でメインステに戻る7人。 すると後ろから子供達の声が。

「お兄ちゃん!ヒーローにはどうやったらなれるの?」

優しい笑顔で子供達に歩み寄るイエロー。

「それはね、他人のために何かしようと力を振り絞った時、みんなヒーローになれるんだよ」

イエローの感動(?)の名言に会場拍手。

「暴力とオナラは絶対ダメだぞ!」

階段を上り立ち去ろうとする7人を呼び止める子供達。

「お兄ちゃん!お兄ちゃん達の名前は?」

7人振り返り・・・








この時のみんなの顔がめっっっちゃかっこいいんです!!
今日のコンサートで一番かっこいい顔かっていうくらい!笑
ほんまにほんまにかっこよかった♡♡


こうして∞レンジャーの過去が明かされたのでした。

チャンチャン♪




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。